こぎの岩手情報ブログ

岩手県の美味しいもの、地元ネタがメイン

ブログ移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【遠野】伝承園の名物園長に御挨拶してきました。ご利益のあった神様についてもお話します。

こんにちは。こぎ(@cogi_kaicho)です。

今週は遠野についてお話する1週間になりそうな予感がします。

 

今日は先日お邪魔した伝承園について

お話したいと思います。

 

 

伝承園とは?

遠野伝承園。遠野地方のかつての農家の生活様式を再現し、伝承行事、昔話、民芸品の製作・実現などが体験できます。園内には国の重要文化財旧菊池家住宅、『遠野物語』に話者であった佐々木喜善の記念館、千体オシラサマの御蚕神堂(オシラ堂)などがあります。郷土料理を堪能できるお食事処もあります。

とあります。

■開園時間
午前9時〜午後5時
(入園受付は午後4時30分)
■入園料
大人…320円
小・中・高校生…220円
■休園日
年中無休

無料駐車場あり/バス8台・乗用車100台
さわやかトイレ駐車場に併設
レンタル自転車で遠野駅から30分

 

オシラサマとは?

要約すると農家の娘が飼馬に恋したお話なんですが、

恋している事を知った娘の父親は怒って馬は殺してしまった。

しかし娘は馬と一緒に天に昇り、オシラサマ(神様)となった。

 

切ないお話なんですよね。

オシラサマは農業・馬・蚕の神様とも言われています。

 

遠野には、○○サマと呼ばれる神様が多く存在します。

オシラサマ・・・農業・馬・蚕

コンセイサマ(金勢or金精様)・・・子孫繁栄

ウネドリサマ・・・縁結び

 

遠野という場所は何かパワーを感じる場所でもあります。

余談ですが、不妊で困っていた友達に

何かお守りをと思ってコンセイサマのある

山﨑の金精様にお邪魔したことがあります。

 

遠野郷八幡宮でお守りを準備し、コンセイサマ

お願いしてそれを友達に渡した後、無事赤ちゃんを

授かる事ができました~パチパチ。お守りが効いたのか、

不妊治療が効いたのかは分かりませんが。

そんな話がありましたとさ。

 

さて、伝承園の話に戻りますね。

 

時間の関係で伝承園の中までは今回入りませんでしたが、入口付近だけでも十分たのしめる場所でもあります。

 

入口に入ってすぐ左側にカッパのお皿が貸出されております。

 

 

いろんなお顔があります。大人用は目がパッチリしていますね。

 

 

こども用はペンギンのような可愛さ。

 

 

 

カッパグラム(インスタグラム)もありました(笑)

某遠野好きの方のコメントによると、

 

伝承園にいくいく(いいねの数)

Densyoen21919

という凝ったつくり。

 

誰が作ったんでしょうねー。

床に置いてあるのが勿体ない。

台があれば「顔はめ」がしやすいですね。

 

売店のご紹介

 

 

売店にはみそおにぎり、焼きもち、がんづき、クッキーが置かれています。

3月3日にお邪魔したからなのか、いつもなのかは

分かりませんが、桑茶のほかに、

甘酒が「ご自由にどうぞ」と置かれていました。

 

甘酒は手作り甘酒!!味もやっぱ缶のものと違って

美味すぎる。

 

私の実家では大きな鍋で甘酒を作っていました。

懐かしい。お正月にも飲むんですよね。

 

店内を見回すと、遠野のズモナビールがありました。

 

「あったずもなー」遠野の昔はなしの語尾から名づけられています。

 

 

店内を見ていると、お姉さま方(店員さん)から

「ちょっと中の園長に会って来て!寝てるけど」

と言われ、食事処の中に入ってみました。

入ってすぐに寝てる園長にお会いする事ができました。

 

園長に御挨拶

 

 

写真で伝わるかどうかですが、でかい。

とにかくでかい。

コストコのテディベア並にでかい(いいすぎ)

 

もふもふしてきました。

温かい日差しのなかで気持ちよさそうに寝ていました。

 

園長にあいさつした後、3月3日に訪れた為か

ひな壇が飾られていました。

 

 

しっかりとした7段飾り。素敵ですよね。

 

 

食事処にコタツもありました。

うわーーーー超おちつくーーーー。

 

この雰囲気がたまりません。

ここの名物はやっぱりひっつみ汁でしょうか。

 

小麦粉に加水して混ぜ、ねかせた生地をちぎって入れたひっつみ汁。 

食べたかった。また今度お邪魔した時にいただこうと思います。 

岩手の郷土料理です。シイタケだしが効いた味かな。

岩手県外の方は是非一度食べて見て下さい。

 

最後に場所をお知らせします。

 

追記:遠野出身の主人から「伝承園と言えば、やきもちだよ」とのアドバイスをいただきました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また明日!